シンギュラリティ(技術的特異点)とは

人工知能が人類よりも賢くなり、より賢い人工知能を自ら生み出せるようになる時点をいう。

シンギュラリティが到来した後、技術は加速度的スピードで発展していき、人間が正確に予測することが不可能になります。AIが人の手を借りずに自ら成長し続けていくことになるのです。

提唱者であるレイ・カーツワイルは、2045年にシンギュラリティが到来すると予想しました(現在はそれが早まり2029年とされているようです)。

そのころには今の社会の仕組みはガラッと変わっていると思われます。ひょっとしてあなたの隣の席にAIロボットが座って普通に仕事をしているかも...

スポンサーリンク

フォローする

トップへ戻る